宮崎駿監督のアニメ映画「となりのトトロ」が今年10月、英国の名門劇団ロイヤル・シェークスピア・カンパニー(RSC)によって舞台化される。制作に加わる日本テレビが27日、発表した。音楽家の久石譲さんがエグゼクティブプロデューサーと音楽を担当する。同作品の舞台化は初めてで、ロンドンのバービカン劇場で上演される。

 映画版でも音楽を担当した久石さんが宮崎監督に提案し、快諾を得た。久石さんは「この作品に本当の意味で普遍性があるなら―僕はあると思っていますが―まったく違うカルチャーで育った人たちが違う言語でやっても、きっと世界中の人に伝わるはずです」とコメントした。