大阪府高槻市の集合住宅で2月、住人女性(40)と娘の同級生だった男子高校生(17)が意識不明で見つかり、その後死亡した事件で、この男子生徒が持ち込んだとみられる注射器に筋弛緩剤が入っていたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。押収品などから、生徒が薬品を調合して筋弛緩剤を自作していたとみられることや、襲撃計画を示す記録が残っていたことも判明した。

 府警は死亡した生徒が筋弛緩剤のほか、複数の凶器を準備した上で、宅配業者を装って押し入り女性を殺害したとみて、27日に殺人などの容疑で書類送検した。