フランスの自動車大手ルノーが、保有するロシア自動車大手アフトバスの株式68%をロシアの科学機関に売却することが27日、分かった。マントゥロフ産業貿易相が明らかにしたとタス通信などが伝えた。取引額は1ルーブル(約1・7円)で、ルノーは5~6年間は株式を買い戻す権利を持つという。

 モスクワにある工場のルノーの持ち分は地元自治体に譲渡する。

 マントゥロフ産業貿易相は「企業に部品納入の機会がないならば、われわれは永遠に待てない。決定を保留している自動車メーカー全てに当てはまることだ」と述べた。

 ルノーは3月、モスクワ工場の無期限停止を発表していた。(共同)