自民党の小野寺五典安全保障調査会長は27日、岸信夫防衛相と防衛省で面会し、政府の外交・安保政策の長期指針「国家安全保障戦略」など3文書の改定に向けた党提言を手渡した。相手領域内でミサイル発射を阻止する「敵基地攻撃能力」の名称を「反撃能力」に変更し保有するよう要請。防衛費の大幅増も盛り込んだ。午後には岸田文雄首相にも提出する予定だ。

 提言は反撃能力の攻撃目標として、司令部などを念頭に「指揮統制機能等」を含むと明記。防衛費はGDP比2%以上を念頭に、5年以内に防衛力の抜本的な強化を図るとした。輸出ルールを定めた「防衛装備移転三原則」の見直しも打ち出した。