立憲民主党の泉健太代表は27日、記者会見し、夏の参院選の重点政策を発表した。「物価高と戦う」「教育の無償化」「着実な安全保障」を3本柱と位置付けた。国民生活を守る「生活安全保障」をキャッチコピーに掲げ、生活者重視を前面にアピール。3本柱を土台として5月中にも公約を策定する考えを表明した。

 泉氏は「安全保障は国家だけではなく、生活者からも考えないといけない。生活者の視点から安全保障を政策化していく」と強調した。

 物価高対策では、円安ドル高への対策を強化。「円安放置のアベノミクスから脱却」を訴える。