低気圧から延びた前線の影響で、東日本から西日本にかけて27日午前、激しい雨が降った。鹿児島県十島村では1時間に42・5ミリを観測。気象庁によると、大雨のピークは大半の地域で同日中に過ぎる見通しだが、西日本の一部では28日にかけても竜巻などの激しい突風に注意が必要という。

 27日午前の1時間降水量は他に、熊本県水俣市33・5ミリ、富山県上市町30・5ミリ、秋田県仙北市28・5ミリなど。

 同庁によると、列島にかかる前線は28日までに太平洋側へ南下する。鹿児島県の島しょ部を中心に雨が続く見通し。