【ロンドン共同】東芝は26日、英通信大手BTグループと共同で、次世代技術「量子暗号通信」を活用した商用ネットワークの試験サービスを英国の首都ロンドンで始めた。世界初の取り組みという。同通信は盗聴が理論上不可能とされ、金融や医療、防衛など機密性の高い情報を扱う分野での利用が見込まれる。運用成果を踏まえ、数年後の実用化を目指す。

 量子暗号通信は、情報の解読に必要な「鍵」を光の粒子に乗せて伝送する技術。粒子が何かに触れると状態が変化するという量子力学的な性質を利用し、第三者による鍵の盗聴を検知する。サイバー攻撃を防ぎ、データ通信の安全性を高める。