東都大学野球リーグ第4週第1日は26日、神宮球場で1回戦3試合が行われ、勝ち点3で首位の亜大が日大に2―1で競り勝った。同2で追う2位青学大が国学院大に1―2で敗れたため、早ければ27日に亜大の3季ぶり優勝が決まる。中大は延長十回タイブレークの末に3―2でサヨナラ勝ちした。

 亜大は青山が1失点完投で無傷の6勝目。国学院大は坂口が九回途中まで1失点で2勝目を挙げた。中大は同点の十回1死満塁で森下が中前打を放って試合を決めた。