女子ゴルフのメジャー第2戦、全米女子オープン選手権(6月2~5日・米ノースカロライナ州パインニードルズGC)の日本地区予選が25日、千葉県房総CC房総の2コース(ともにパー72)で158選手が参加して36ホールで争われ、26歳の浜田茉優が通算9アンダー、135のトップで通過した。

 高木優奈と識西諭里が1打差の2位で出場権を獲得。さらに3打差の4位で並んだ4人がプレーオフを行い、早川夏未、アマチュアの馬場咲希(日本ウェルネス高)と伊藤二花(千葉・麗沢高)が出場資格を手にした。

 日本勢では笹生優花や畑岡奈紗、古江彩佳、渋野日向子らが既に出場資格を得ている。