沖縄の本土復帰50年を記念する1万円金貨幣と千円銀貨幣の製造を始める打ち初め式が25日、大阪市北区の造幣局であった。照屋義実沖縄県副知事らがスイッチを押すと、模様を施す圧印機が動き出し、次々と硬貨ができていった。金貨幣は2万枚、銀貨幣は5万枚が発行される。

 金貨幣は直径26ミリ、重さ15・6グラムの純金製。銀貨幣は直径40ミリ、重さ31・1グラムの純銀製。ともに表面に首里城正殿などがデザインされた。

 金貨幣の販売価格は15万3500円、銀貨幣は1万1700円。造幣局が通信販売し、復帰記念日の5月15日から3週間程度申し込みを受け付ける。