愛知県の大村秀章知事は25日の記者会見で、新型コロナ感染者数が減少傾向に入ったとして、住民向け旅行割引「県民割」を5月9日から再開すると発表した。

 25日時点で東京、愛知、大阪の3都府県が実施していない。大村知事は再開の理由を「まん延防止等重点措置解除後も高止まりしていた感染者数が着実に減少局面に入ってきた」と説明。広域ブロックの割引については「各県と協議が調い次第、適用する」と述べた。

 愛知県では5月9~31日、まず県内在住者の県内旅行を対象に、ワクチンの3回接種か陰性証明の提示を条件に、1人1回5千円を上限に代金の半額を電子マネーなどで還元する。