乗客106人と運転士1人が死亡し562人が重軽傷を負った2005年の尼崎JR脱線事故は、発生から25日で17年となった。事故を起こしたJR西日本は、兵庫県尼崎市の現場に整備した「祈りの杜」で、追悼慰霊式を営んだ。発生日の式典は新型コロナウイルス禍のため中止が続いたが、今年は政府の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発令されておらず、3年ぶりの実施となった。

 事故発生時刻の午前9時18分に合わせ、式典を前にJR西の長谷川一明社長らは、電車が激突したマンション前で黙とう。遺族や負傷者らは犠牲者を悼み、同社幹部は再発防止への誓いも新たにした。