【リビウ(ウクライナ西部)共同】ロシア軍が制圧を宣言したウクライナ南東部マリウポリでは、キリスト教東方正教会の復活祭(イースター)を迎えた24日も攻撃が続いた。ウクライナのアレストビッチ大統領府長官顧問は24日、残る民間人らの避難に特化した停戦交渉をロシア側に提案していると明らかにした。

 マリウポリの製鉄所に立てこもる内務省系「アゾフ連隊」の副司令官は24日公開のビデオメッセージで「罪のない子どもたちを空爆している」と述べ、攻撃継続を非難した。国営通信ウクルインフォルムが伝えた。