太平洋戦争中、飛行場建設に従事した朝鮮人労働者の子孫らが暮らす京都府宇治市のウトロ地区に30日、「ウトロ平和祈念館」が開館する。戦後にできた地区の歴史を伝える写真などの資料を展示し、住民と来場者の交流スペースも設ける。運営団体の金秀煥理事(46)は「日韓の連帯を実践してきた歴史を通し、平和や人権を学ぶ場にしたい」と期待する。

 住民らでつくる「ウトロ民間基金財団」が運営し、資金は募金と韓国政府の支援で賄った。住民側が買い取った土地の一部約840平方メートルを活用し、建物は3階建て。屋外の広場には戦時中、労働者が生活した「飯場」と呼ばれる簡易宿舎も再現した。