岸田文雄首相は22日、東京・北の丸公園の国立公文書館を訪れ、沖縄の本土復帰50年を記念した特別展を見学した。戦後の首相として初めて沖縄を訪問し、返還に尽力した佐藤栄作元首相の日記などを見て回った後「復帰の軌跡が、当時携わった多くの関係者の熱い思いとともに伝わってきた」と感想を述べた。

 特別展は「公文書でたどる沖縄の日本復帰」。1971年に調印された沖縄返還協定の原本を含む約40点を見ることができる。一般公開は23日から6月19日まで。沖縄返還を巡り日米で交わされた密約に関する文書は展示されていない。