日本サッカー協会(JFA)は22日、日本代表が6月2日に札幌ドームで臨むキリン・チャレンジカップの対戦相手がパラグアイ代表に決まったと発表した。試合開始は午後7時予定。

 国際サッカー連盟(FIFA)の世界ランキングは日本が23位で、パラグアイは50位。過去の対戦成績は日本の4勝4分け2敗で、2019年以来の対戦となる。

 日本代表は11月開幕のワールドカップ(W杯)カタール大会に向けた強化の場として、6月に4試合を予定している。パラグアイはW杯南米予選で8位となり、本大会出場を逃した。