立憲民主党は21日、夏の参院選と次期衆院選に立候補する新人女性を対象とした研修会を党本部で初めて開催した。スピーチのやり方や政策の伝え方を計5回にわたり指南する。ジェンダー平等を重視する立場から参院選候補者の5割を女性にする目標を掲げており、手厚いサポートで支援するのが狙いだ。

 泉健太代表は「もっと女性に国会で活躍していただき、これまでの政治と違う目線から政策を実現してほしい。当選へ全力で支える」と強調した。

 この日の研修会には、参院選の選挙区候補と衆院小選挙区総支部長の新人女性計15人前後がオンラインを含めて出席した。