【リビウ(ウクライナ西部)共同】ロシアのプーチン大統領は21日、ウクライナ東部ドネツク州の要衝マリウポリでの軍事作戦は「成功した」と述べ、事実上制圧したとの認識を示した。モスクワのクレムリンでショイグ国防相から報告を受けた際に語った。ウクライナ側部隊が立てこもるアゾフスターリ製鉄所に突入する掃討作戦を中止した上で包囲を続けるよう命じた。

 ロシア軍の死傷者が増える中、東部全域の制圧を急ぐとみられる。ウクライナ高官らは「(ロシアの)勝利ではない」「戦い続ける」と反発。バイデン米大統領は21日演説し、ロシアがマリウポリを完全掌握した証拠はないと述べた。