【ニューヨーク共同】米電気自動車(EV)大手テスラが20日発表した2022年1~3月期決算は、純利益が前年同期の約7・6倍の33億1800万ドル(約4200億円)だった。世界的な環境規制強化を背景にEVの販売が引き続き好調で、四半期としての過去最高を更新した。

 世界販売は67・7%増の31万48台だった。供給網の混乱による半導体不足に加え、ロシアのウクライナ侵攻を背景に原材料価格も高騰する中、車両販売価格を値上げするなどしてしのいだ。

 ただ、販売の先行きには不透明感が漂う。中国で新型コロナウイルスが再流行し、上海工場は一時停止を余儀なくされた。