ラグビーの帝京大を10度の大学日本一に導いた岩出雅之監督(63)が9日、退任を表明した。同日の全国大学選手権決勝で4大会ぶりの優勝を果たし、試合後の記者会見で「監督として最後にさせてもらおうと思っている」と述べた。

 和歌山県出身で日体大では選手として大学日本一を経験。指導者としては1996年度から帝京大を指揮し、2009年度の全国大学選手権で初優勝すると前人未到の9連覇を達成した。19年ワールドカップ(W杯)日本大会で活躍した姫野和樹(トヨタ)や流大、中村亮土(ともに東京SG)ら多くの日本代表を育てた。