【ロサンゼルス共同】労使が決裂する米大リーグで機構(MLB)側が選手側に対し、金銭面の主要議題で新たな提案を用意していると7日、スポーツ専門サイト「アスレチック」が報じた。1月中に提示される可能性が高いという。昨年12月に労使に絡む活動が止まるロックアウトに突入し1カ月以上が経過する中で、主要テーマでの交渉再開が近づいている。

 ただ協議が再開しても楽観はできず、例年2月中旬から始まるキャンプが延期される可能性が残っていると伝えた。