阪神の秋山拓巳投手が8日、京都府内のグラウンドで練習を公開し、直球の強化をテーマに掲げた。2年続けて2桁勝利を挙げた右投手は「一番はストレート。もっと質を良くして3年連続を目指して頑張る」と悠然とした口ぶりで話した。

 例年と同様にオリックスの平野佳寿投手らとともに練習し、この日はキャッチボールやランニングなどで鍛えた。オフは体をひねる動きを意識してトレーニングに取り組み「腕が振られるような感覚が出ている」と手応えをにじませる。

 昨季チームは首位ヤクルトに勝率5厘差で2位に終わった。秋山は「すごく悔しい思いをした。寅年なので優勝したい」と言葉に力を込めた。