ラグビーの新リーグ、NTTリーグワンは8日、1部の開幕節となるA組の神戸―浦安、東葛―横浜、B組の東京SG―BL東京の3試合が各地で行われ、初戦を迎える。7日に東京・国立競技場で予定されていた開幕戦の東京ベイ―埼玉は埼玉に新型コロナウイルスの陽性者が出た影響で中止され、仕切り直しの開幕となる。

 試合を翌日に控えた7日、BL東京は東京都府中市の練習場で午前に最終調整した。天然芝のグラウンドに雪が積もったため、人工芝の練習場を使用し、最後に円陣を組んだ。

 取材対応したナンバー8の徳永共同主将は「待ちに待った開幕なのでシンプルに楽しみ」と意欲的に語った。