【北京共同】中国外務省の汪文斌副報道局長は7日の記者会見で、同日の日米安全保障協議委員会(2プラス2)と6日の日本、オーストラリア首脳テレビ会談に関し「中国内政に乱暴に干渉した」と反発し、関係国に厳重な申し入れをしたと明らかにした。

 台湾、新疆ウイグル自治区、香港、海洋の問題を巡る中国の立場は一貫して明確だと強調。日米両国とオーストラリアが「うその情報をでっち上げて中国を非難しており、強烈な不満と断固反対を表明する」と訴えた。

 汪氏は、日米両国とオーストラリアは口では「自由」「開かれた」と言うが、実際には徒党を組み武力をひけらかしているなどと批判した。