東京都調布市で2021年11月、女性の部屋をのぞき見る目的で女性専用マンション敷地内に入ったとして、邸宅侵入の疑いで現行犯逮捕された警視庁警護課の男性警部補(42)について、警視庁は7日、停職6カ月の懲戒処分にした。警部補は同日付で辞職した。

 警視庁によると、警部補は「1月ごろからのぞき目的で月2、3回の頻度で侵入していた」と話していた。警視庁は別の日にもこのマンションに侵入したとして同容疑で追送検したが、いずれも不起訴処分だった。

 警務部の堺瑞崇参事官は「都民の安全を守るべき警察官としてあるまじき行為で誠に遺憾。人事管理を強化する」とコメントした。