【ニューヨーク共同】6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比170・64ドル安の3万6236・47ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)による金融引き締め前倒しへの懸念が続き、売り注文が優勢となった。

 FRBが前日に公表した連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録で、利上げを早める可能性に言及したことが分かった。米長期金利の上昇で相対的に割高感が意識されやすいIT関連銘柄を中心に売りが出た。一方、原油先物相場が上昇し、エネルギー関連銘柄は買われた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も続落し、1万5080・87。