日本維新の会の池下卓衆院議員(46)が、父親から事務所を無償提供されていたにもかかわらず自身の後援会の政治資金収支報告書に記載していなかったことが6日、分かった。維新代表の松井一郎大阪市長は「報告書を訂正するべきだ」と述べ、党として厳重に注意する意向を市役所で記者団に示した。

 収支報告書などによると、池下氏が大阪府議だった2017~20年、父親所有の家屋を後援会事務所としていた。政治資金規正法は、事務所の無償提供を受けた際は家賃相当額を寄付として記載する必要があると規定しているが、報告書には書かれていなかった。