ロッテの中村奨吾内野手が6日、ZOZOマリンスタジアムで練習を公開し「自分がやるべきことをしっかりやって、去年以上の成績を出したい」と意気込みを語った。打撃練習やランニングなどで約3時間体を動かした。

 昨季は打率2割8分3厘、9本塁打、自己最多の67打点を記録し、ベストナインとゴールデングラブ賞を獲得。今季は「走りでもレベルアップして、さらに上を目指したい」と走塁の向上を課題に掲げている。

 2018年から全試合出場を続ける。「(自分以外の)誰にも守らせないようにやっていきたい。全試合に出てこそ結果が生まれる」と休まずプレーし続けることにこだわりを見せた。