東京都の小池百合子知事は6日、新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、1グループ8人までとしている飲食店の入店人数制限を見直し、強化する方向で検討することを明らかにした。都のモニタリング会議後、記者団の取材に語った。

 小池氏は、感染力が強いオミクロン株の広がりで「コロナとの闘いが新たなフェーズに入った」との認識を示した。見直しの内容は「専門家にうかがって検討する」と述べた。

 モニタリング会議では、昨年12月28日からの1週間に検査したコロナ陽性者のうち、オミクロン株疑いが44・6%に上り、置き換わりが急速に進んでいると報告された。