岸田文雄首相(自民党総裁)は5日、党本部で開かれた役員会で、夏の参院選で必勝を期す考えを表明した。「参院選勝利は政治の安定に不可欠だ。日本の将来を決める戦いだとの覚悟で臨んでいきたい」と強調した。憲法改正に向けた世論喚起への意欲も示した。茂木敏充幹事長が記者会見で明らかにした。

 茂木氏は参院選の勝敗ラインについて「与党で過半数を維持することが極めて重要だ」と語った。

 首相は改憲に関し「国会での活発な議論と裾野の広い国民議論を両輪とし、力強く進めていく重要な年になる」と述べた。