昨季4位に沈み、パ・リーグ連覇と5年連続日本一を逃したソフトバンクは5日、ペイペイドームで仕事始めの鏡開きをした。新たに特別チームアドバイザーを兼務する王球団会長は「われわれは前に進むしかない。チーム一丸となって戦い抜く」と力を込めた。

 昨季日本一のヤクルト・高津監督とパ・リーグを制したオリックスの中嶋監督はともに2軍監督を経験。藤本新監督も10年以上ファームなどで指導しており「負けた次の年に、という意味で藤本監督はやりやすいと思う。選手を育成してきて心と心のつながりがある」と背中を押した。