東京証券取引所で4日朝、年明け最初の株式売買となる大発会の式典が開かれた。新型コロナウイルスを警戒し、昨年と同様に参加者は約40人に限定した。東証を傘下に置く日本取引所グループ(JPX)の清田瞭最高経営責任者(CEO)はあいさつで「日本全体でウィズコロナに移行し、企業業績に期待したい」と話した。

 式典では、鈴木俊一財務相兼金融担当相や大和証券グループ本社の田代桂子取締役兼執行役副社長らが取引開始を祝う鐘を計5回打ち鳴らした。参加者らの間にはアクリル板が置かれ、例年参加している晴れ着姿の女性社員も出席を見送った。