【北京共同】北京冬季五輪の大会組織委員会は3日、北京市中心部に設けた表彰式会場で、本番を想定したリハーサルを報道陣に公開した。新型コロナウイルス対策のため、選手は自分でメダルを首にかける方式になる。

 会場は2月4日に開会式が開かれる国家体育場(通称「鳥の巣」)のそばに設営された。リハーサルが始まると案内役やメダリスト役のスタッフらがマスク着用でステージに上がり、本番での動きを確認した。

 北京五輪は北京中心部、同市北部の延慶、河北省張家口の計3エリアで開かれる。張家口にも表彰式会場が設けられる。