【ナイロビ共同】南アフリカ南西部ケープタウンにある国会議事堂で2日朝、火災が発生し、議場などが焼けた。警察は火災に関与した疑いがあるとして建物内にいた男を逮捕した。国会には上院が入る旧館と下院の新館があり、ロイター通信などによると、旧館側から火が上がり、新館に延焼したもようだ。人的被害は報告されていない。

 建物内の放水装置が機能しなかったことが判明し、デリル公共事業・インフラ相は記者会見で、クリスマス休暇前の点検では異常は見つからなかったと説明。「(その後に)何者かがバルブの一つを閉めたことで放水されなかった」との見方を示した。