【北京共同】北朝鮮メディアは15日、米国の制裁強化の動きに対抗したとみられる14日のミサイル発射は鉄道車両を使う「鉄道機動ミサイル連隊」の抜き打ち訓練だと公表した。同連隊の発射訓練は昨年9月にも韓国の潜水艦発射弾道ミサイル発射にぶつける形で行われており、軍事的デモンストレーションの中心的な手段に据えているもようだ。

 北朝鮮メディアは、14日の発射を受け「全国的な鉄道機動ミサイル運用システムを樹立する問題」が議論されたとしており、鉄道からの発射態勢の拡充を予告した。ただ、鉄道網は老朽化が進み、戦時に最初の攻撃目標になる線路での展開を疑問視する声もある。