末松信介文部科学相は15日、東大前で大学入学共通テストの受験生らが切り付けられた事件を受けて臨時記者会見を開き、文科省が警察庁に試験会場周辺の安全対策の強化を要請したと明らかにした。被害に遭った受験生2人の救済策にも触れ「最大限、受験機会の確保をしていきたい」と述べた。

 被害者は追試験の対象になる見通し。「本人たちの意向を踏まえながら対応する」とした。国公立大2次試験など各大学の個別試験のみで判定する可能性を問われ「選択肢の一つとしてはある」と語った。

 事件が試験会場の敷地外だったことから、「(警備の)限界はある」との認識を示した。