新型コロナウイルスの感染拡大を受け、イオンエンターテイメント(東京)は14日までに、同社が全国で運営するイオンシネマで、17日上映分から客の前後左右に空席を設けてチケットを販売すると発表した。座席の間に間仕切りを設置している5館以外の90館が対象となる。

 公式サイトによると、期間は「当面の間」としている。まん延防止等重点措置が適用されている広島、山口両県の3館では既に間引き販売を実施していた。