日本付近は14日、強い冬型の気圧配置が続き、気象庁は東日本の日本海側や山沿いを中心に大雪への警戒を呼び掛けた。交通障害や電線、樹木への着雪、なだれが起きる可能性があり、注意が必要。北海道では猛吹雪になったり吹きだまりができたりする恐れがある。海上は北日本から西日本の日本海側で大しけの場所がある見通し。

 14日未明から朝にかけては、京都府南丹市や岐阜県飛騨市、北海道羅臼町、群馬県みなかみ町、広島県庄原市などで3時間に10センチ以上の降雪があった。名古屋市や京都市でも積雪した。

 JR各社によると、東海道新幹線は雪の影響で、1時間以上の遅れとなる列車もあった。