岸田文雄首相は11日、新型コロナウイルスワクチンを巡り、これまで対象外だった12歳未満の子供への接種を早期に始める方針を明らかにした。希望者のみを対象とし、薬事など必要な手続きを進める。「オミクロン株」対策で外国人の新規入国を原則禁止している水際強化措置は「2月末まで骨格を維持する」と表明。ワクチン3回目接種は高齢者に加え一般分も前倒しするとして、自衛隊が運営する大規模接種センターを再び開設する意向も示した。官邸で記者団の取材に答えた。

 入試では追試や再追試による機会の確保に加え「4月以降の入学も可能とするよう柔軟な対応を要請する」と述べた。