東京地検特捜部が日本大学本部(東京都千代田区)などを家宅捜索した事件で、医学部付属板橋病院(板橋区)の建設工事を巡り、日大理事が不正に2億円超を流出させた疑いがあることが9日、関係者への取材で分かった。特捜部は大学側に損害を与えた背任の疑いがあるとみて押収資料の分析を進めている。

 8日に日大本部の他、関連会社の「日本大学事業部」(世田谷区)や田中英寿・日大理事長(74)の自宅(杉並区)を捜索。9日には兵庫県芦屋市にある理事の自宅や、理事が社長を務める大阪市のスポーツ用品販売会社も捜索に入った。