菅義偉首相は9日、新型コロナウイルス緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の政府方針を報告する衆参両院の議院運営委員会に出席しなかった。野党の要求を拒否した。後継首相の選出は10月初旬の可能性がある。野党は議運委の理事会で、9月30日の宣言期限に当たる政府報告が菅内閣として最後の説明機会になるとして、次回の首相出席を重ねて要請した。

 参院議運委で共産党の田村智子氏は、首相が最後に国会で答弁した6月以降、感染急拡大や医療逼迫が起きており、国会説明を避ける態度は「最悪の強権政治だ」と批判した。