福岡県宗像市の住宅でビニール袋の中から成人男性とみられる遺体が見つかった事件で、住人の男(58)が9日午前、宗像署に出頭したことが、捜査関係者への取材で分かった。「兄の遺体を遺棄した」という趣旨の説明をしており、容疑が固まり次第、死体遺棄容疑で逮捕する方針。

 県警によると、男は兄(59)と2人暮らしとみられ、いずれも連絡が取れていなかった。遺体は2階の押し入れの中で横たわった状態で見つかり、複数の黒い袋で全身が包まれていた。県警は司法解剖し、身元や死因を調べている。

 強制執行のため住宅を訪れた裁判所職員が8日午前、遺体を発見した。