東京都新宿区歌舞伎町でキャバクラを無許可で営業したとして、風営法違反罪に問われた「桜井野の花」の名称でユーチューバーとして活動する実質的経営者の渚りえ被告(32)に、東京地裁は8日、懲役6月、執行猶予3年、罰金100万円、追徴金約4千万円の判決を言い渡した。

 判決理由で坂田正史裁判官は「相当期間、無許可で他人の名義を借りて営業し、大きな利益を上げていた」と指摘した。

 渚被告は公判で「他人の名義で経営することが歌舞伎町では常識だった」と述べていた。渚被告は美容整形後の画像をユーチューブに投稿するなどして、チャンネル登録者数は8日時点で24万人を超える。