日本大学の関連会社「日本大学事業部」(東京都世田谷区)から、外部に不透明な資金が流出した疑いがあることが8日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は同日、日大付属病院の建設工事に関連した契約を巡り、大学関係者が大学側に損害を与えたとする背任容疑の関係先として、日大本部(千代田区)や田中英寿・日大理事長(74)の自宅(杉並区)などを家宅捜索した。押収資料を分析し、実態解明を進めるとみられる。

 捜索は8日午前から始まり、段ボールの束を抱えた複数の係官が次々と中に入った。同社からは約100箱の段ボール箱を押収した。