中部電力は8日、定期検査で停止中の浜岡原発3号機(静岡県御前崎市)原子炉建屋で7日、放射性物質を含む水約4リットルが漏れたと発表した。作業員1人の服にかかったが、体の表面から放射性物質は検出されなかった。外部への影響はないという。

 中部電力によると、作業員が7日午後5時15分ごろ、配管につながる容器の栓を外したところ、建屋内の除染作業に使った水があふれ、腹周辺などにかかった。水漏れは止まっており、中部電力が原因を調べている。