新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、千葉市が開催の延期などを求めている大規模音楽フェスティバル「スーパーソニック」について、主催者が千葉県に対し、予定通り18、19日に開催する方針を伝えていたことが8日、県への取材で分かった。県も規模縮小を求めていた。

 イベントは千葉市のZOZOマリンスタジアムで予定。市は主催者に、延期に応じない場合でも、参加人数を5千人以内にするよう求めている。

 県によると、主催者の代表が6日に県庁で熊谷俊人知事と面会し、延期しない意向を伝達。知事は改めて入場者削減や会場と自宅の直行直帰を促すことなどを要請した。