東京都内で聖徳太子の肖像が印刷された偽の旧1万円札が相次いで使用された事件で、警視庁捜査2課は8日までに、偽造通貨行使容疑で、自称会社員チャン・ティー・チャン容疑者(26)=新宿区=らベトナム国籍の20代の男女計3人を逮捕した。入手ルートなどを調べる。

 同課によると、3人は8月18~26日、都内10区にあるコンビニなど計130店で、偽札142枚を使って100~200円ほどの飲料水や食料を購入し、釣り銭を受け取って百数十万円の金銭を得たとみられる。

 3人はいとこや知人同士で、同課は3人の自宅などから約130枚の偽札を押収した。