静岡県富士宮市議会の議長選を巡り贈賄申し込みの疑いで逮捕された現議長の遠藤英明容疑者(79)=同市小泉=が他会派の議員に現金を渡そうとしていたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。遠藤容疑者の会派には本人を含め2人しかおらず、県警は、確実に議長になるため現金供与を計画した可能性があるとみて、詳しい経緯を調べる。

 県警は8日、市議会事務局を家宅捜索した。午前10時ごろ、捜査員約10人が段ボールを手に事務局へ入った。

 遠藤容疑者は2019年10月の議長選に際し、同僚議員に現金100万円の供与を申し込んだとして、7日に逮捕された。