【サンディエゴ共同】米大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手が次回先発を8日(日本時間9日)に控え、対戦相手のエンゼルスの大谷翔平について「投打両方をできる能力が驚異的なのは間違いないが、彼の体をいつも心配している」などと語ったと、地元紙サンディエゴ・ユニオン・トリビューン(電子版)が7日に報じた。

 英語で行われたインタビューで、肉体的な負担について「投手としてだけでもシーズンを戦うのはきつい」と説明。「彼の体にかかっている負担は(通常の)2倍以上」と思いやった。

 8日の一戦は指名打者制ではなく、大谷は代打での起用にとどまるとみられる。