非常に強い台風14号は8日、フィリピンの東を西へ進んだ。週末にかけて、沖縄の南へ移動する見通し。沖縄付近の海上では、11日ごろからしけとなる恐れがある。8日午前9時の観測で、勢力は「強い」から「非常に強い」となった。

 気象庁によると、台風14号は8日午前9時現在、フィリピンの東を時速20キロで西南西へ進んだ。中心気圧は945ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速45メートル、最大瞬間風速65メートル。中心から半径110キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径220キロ以内が風速15メートル以上の強風域となっている。